ゴールデンウィーク

 今年のゴールデンウィークは4月29日から5月8日までです。4月から私は無職になりましたので関係はないのですが、もし働いているとすると、この間で要出勤日は2日だけでした。あまり変わりはないですね。

 でも家にいたわけではありません。この間に何をしていたか書いてみました。

前半は神戸

 まず29日は映画『クライ・マッチョ』『すばらしい世界』を見て、ジムでランニングです。

 『クライ・マッチョ』はクリント・イースドウッド主演、監督ですが期待外れ。『すばらしい世界』(西川美和監督、主演は役所広司)は二度目ですがよかったですね。

 30日は午前中に新車を受け取り、午後から吉田裕さんの「アジア・太平洋戦争の真実-兵士・民衆から見た戦争」を聞きました。

 ロシアのウクライナ侵略の現状を思いながら、過去の戦争の実相を聞いていました。

 日本は恐ろしいぐらいに、国力の全てを傾けて戦争に突入していったことが分かりました。そして、その見通しは誰も持っていなくて、ドイツが英国を降伏させて、米国がそれを見て戦意を喪失させる、という他人頼みでしかも自分に都合のいい展開だけです。

 マスコミ、国民は全く現実も先に見通しも見ることもなく「強硬で妥協も許さない空気」が戦争への道だったといいます。

 5月1日は家で片づけをしました。

 2日はスポーツジムでヨガとランニングした後、病院に行って無呼吸症候群のためのマウスピース作成の処方箋をもらいました。

 3日は憲法集会で金平茂紀さんの話を聞きました。3000人が集まり、色々な久しぶりの人の顔を見ました。

 その後で兵庫区平野市場のいちばギャラリーに行きました。「どっこいショと時代を映る」亡くなった映画監督高橋一郎、映画プロデューサー鵜久森典妙さんをしのぶ企画を見に行きました。二人とも会えば話をしてもらえる仲ですが、改めて、その豊かな人生の成果を見ました。

後半は但馬へ、西宮へ

 4日から養父市餅耕地に帰って田植えです。上場の天気で一日で田植えを終えました。私の仕事は苗の補植です。田植え機がとばしていった空白に手で苗を植えていくのです。泥田に長靴で歩き回るので、いい運動になりました。

田にいた蟹

 昔の田に比べて驚くほど生き物、虫やカエルが少ないのが気になりました。

 5日は竹田城址に登りました。いつか行こうと思いながら30年が経ってしまいました。麓から約40分ほど歩いて山頂にある城址にたどり着きました。

 城址で石積みしかありませんが、なかなかいい野面石積みでした。

野生の鹿

 そして昼食を取りに出石にいき、出石そばを食べました。

 6日は姫路によって垣内の墓参りに行きました。そして神戸に帰ってきました。

 7日は午前中は西神ニュータウン9条の会の運営委員会に出て、午後から西宮の兵庫県文化芸術センターで『日中国交正常化50周年記念 平和の祭典 日中ニ胡名曲コンサート』です。

 パンフレット見ると豪華な出演です。

 その後、出演した友人の交えて焼肉パーティとなりました。ちょっと飲みすぎ食べすぎです。