2022年2月の本その2

2月の本を書いて随分日にちが経ちました。他の原稿もあって続きを書くことが出来なかったのです。しかも読んだ記憶は薄れる一方でした。でもほっとくわけにはいかず、2月を書かないと3月に行けないので、簡単に書きます。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 『刑事という生…

「映画批評」2022年夏21号

2022年夏号 映画評論の同人誌「映画批評」が出来ました。よく続いていますが、今号は9編(8人)と掲載評論も執筆者も増えてきています。しかもそれぞれが非常に個性的です。 ちょっとマニアックで、比較的映画を見る人でも知らない映画を取り上げる傾向は否…

西神ニュータウン9条の会HP2022年6月号

標記のHPが更新されていますのでお知らせします。 西神9条の会 (www.ne.jp) 今月は8本もエッセイが掲載されました。私の感想も含めて紹介します。 ・鈴木さんの、5月の学習会「憲法9条で日本は守れるか」に参加した感想があります。私は参加していないの…

神戸に平和記念館をつくる会のニュースとリーフレット

標記の内容を下記に貼り付けました。お読みください。 なかなか貼り付ける方法が分からなかったのですが、PDFをJPGに変換するとできるとわかりました。

備北マラソン(ハーフ)、しんどかった

2022年5月29日、広島県の北西部、国営備北丘陵公園で開催された大会に参加しました。 結果はヘロヘロで完走して2時間30分程度(まだ正式記録が公表されていない)です。最悪ですが、この日は庄原市の公園辺りの最高気温は31度となっていましたから、よく走っ…

西神ニュータウン9条の会HP2022年5月号

標記のHPには7編のエッセイが載っています。 西神9条の会 (www.ne.jp) 最初に読んだのは「藤山寛美33回忌に寄せて」です。彼が60才で亡くなってもう33年になるのかと思いました。まさに天才的な役者だと思います。これを書かれた山口さん はテレビの仕事…

洞爺湖マラソン(2022.5.15)に参加しました。

北海道、洞爺湖湖畔を走るハーフマラソンに出ました。 無事完走し、タイムも2時間1分47秒(60歳代118/212、男671/981)と今シーズンで一番です。惜しくも2時間を切れませんでしたが、記録的には十分満足です。 洞爺湖湖畔の平坦なコース、湖岸に吹く風、晴…

ゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィークは4月29日から5月8日までです。4月から私は無職になりましたので関係はないのですが、もし働いているとすると、この間で要出勤日は2日だけでした。あまり変わりはないですね。 でも家にいたわけではありません。この間に何をしてい…

2022年3月に見た映画

『ザ・ユナイテッドステイツVSビリー・ホリディー』『戦争のはらわた』『ガンマン無情』『アルジェの戦い』『最果てのガンマン』『海辺の彼女たち』『モーリタリアン黒塗りの記録』『コレクティブ国家の罠』。3月は体調不良もありながら8本見ました。でも『…

2022年2月に読んだ本

無職になって一月が過ぎましたが、なぜか忙しい毎日です。もう少しブログを書く時間をつくれるかと思いましたが、片付けるべき雑事が多くてそうもいきません。「自由」になって、あれもこれも目移りしていますが、ここは何とか週2回は守ろうと思います。 よ…

第42回魚津しんきろうマラソン

2022年4月24日、標記のマラソン大会でハーフマラソンに出場してきました。 2時間9分40秒で、何とか完走することが出来ました。海沿いの平坦なコースでしたから、もう少しいい走りができたと思いますが、自分の記録としてもダメな部類です。 でも苦しい中で完…

西神ニュータウン9条の会HP2022年4月号

お知らせが遅くなりましたが、標記のHPが更新されています。 西神9条の会 (www.ne.jp) 今週の土曜日、4月西区文化センターなでしこホールで23日13時30分にペシャワール会藤田千代子さんの講演「百万の銃弾よりも水を!」があります。お近くの方は是非ご参…

2022年1月に読んだ本その2

1月の分を積み残していて、なかなか書けませんでしたが何とか形にできました。 『古典落語・上方艶ばなし/藤本義一』『暗約領域・新宿鮫Ⅺ/大沢在昌』『世界1月号』の3冊です。 『古典落語・上方艶ばなし/藤本義一』 露の五郎(現、五郎兵衛)の口演を聞いて…

恒例の花見、2か所

この3月末で仕事を辞めました。20才から働いて46年、1年9か月を民間企業、44年を神戸市役所で働きました。私の生き方、人生観は自治体労働者として働いたことで培われたと思っています。 今から振り返ると46年は長いと思いますが、一年一年懸命に生きていた…

2022年2月に見た映画その2

2月に見た映画の後半4本は、どれもなかなかの力作でした。 『クーリエ最高機密の運び屋』 実話に基づく映画です。1962年のキューバ危機の回避に重要な役割を果たした「スパイ」の話です。 1953年にスターリンは死にます。その跡を継いだフルシチョフはスタ…

『汚れたミルク/あるセールスマンの告発』の感想

市民映画劇場2月例会です。機関誌にこの映画の解説を書きましたが、もう一度見直して、感想も書きました。ちょっと長いですが読んでください。 ※ ※ ※ ※ ※ ドイツのテレビ局は放送を取りやめたが、映画はつくられた カラチのスラム街で暮らす母親たちは、汚れ…

落語三昧

喜楽館ができて以降、落語会に行く回数がぐっと増えました。上方の若手落語家も知るようになってきました。 それまでは文化ホールが主催する東西名人選(小三治、福団治等)、若手の大倉寄席やKAVCシアターの落語ヴィレッジ(九雀、吉弥、文之助)朝日ホ…

2022年2月に見た映画

『バルカン超特急』『雨の朝パリに死す』『鹿の王 ユナと約束の旅』『クーリエ最高機密の運び屋』『沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家』『スティルウォーター』『汚れたミルク』の7本です。24日にワクチンを打って、その週は映画を見ることはで…

2022年1月に読んだ本

『売国/真山仁』『松本清張を推理する/阿刀田高』『拾った接種券/桜沢ゆう』『孤高の相貌/丸山正樹』『古典落語・上方艶ばなし/藤本義一』『暗約領域・新宿鮫Ⅺ/大沢在昌』『世界1月号』7冊でした。とりあえず4冊の紹介です。 『売国/真山仁』 明治以…

西神ニュータウン9条の会HP2022年3月号

標記のHPが更新されていますので紹介します。下記のHPをご覧ください。 西神9条の会 (www.ne.jp) 読んだ感想を書いていきます。 今月は10本のエッセイが投稿されています。いつものように多士済々です。 「『粛軍演説』の斎藤隆夫に旅する」の三回連載…

2021年12月に読んだ本その2

『落語に学ぶ大人の極意/稲田和弘』『五代目三遊亭圓楽特選飛切マクラ集/五代目圓楽』『世界12月号』残り3冊です。年内に読み終えた本は、偶然ですが映画と同じ91冊でした。 『世界』は全て読めるわけではないが、関心がある記事を読んでも、それを要約す…

『グレース・オブ・ゴッド―告発の時』の感想

市民映画劇場2021年7月例会作品です。機関誌に投稿したのですがここに載せるのを忘れていましたので、遅ればせながら載せます。読んでください。 私の中では非常に高く評価しています。 ※ ※ ※ ※ ※ 告発が尊厳を回復させた 成熟した民主主義の法制度を持ちな…

2021年の映画ベスト5

2021年に見た映画の記録として、映画サークルに投稿した「ベスト5」を載せておきます。これまで書いてきた映画の要約みたいなものです。半睡半醒日誌に書いた日付も入れておきます。『グレース・オブ・ゴッド』は長めの感想を書いたのですが、ここに載せるの…

2022年1月に見た映画その2

『swallow/スワロウ』『天使の涙』『大コメ騒動』『ライダーズ・オブ・ジャスティス』『ボストン市庁舎』残り5本です。抑えめに書いたつもりですが、5本ですから長くなりました。 『swallow/スワロウ』 題名は、燕ではなく「飲み込む」という動詞です。異…

2022年1月14日15日16日美濃の旅

16日に木曾三川公園マラソンに出るので、ついでに郡上市と岐阜市を観光してきました。その週は全国的に寒波が襲ってきていました。高速道路も積雪で通行止めが出るなど、ちょっと大変でしたが、15日16日の天気は良くなりました。 14日 いつものように神戸…

2022年1月に見た映画

『ダーク・ウォーターズ-巨大企業が恐れた男』『偶然と想像』『99.9 刑事専門弁護士』『swallow/スワロウ』『天使の涙』『大コメ騒動』『ライダーズ・オブ・ジャスティス』『ボストン市庁舎』8本です。よく見ました。とりあえず3本を書きます。 『ダーク…

『左の腕』の感想

『左の腕』無名塾公演 神戸演劇鑑賞会12月例会12月15日 仲代達也「役者生活70年周年記念作品」です。原作は松本清張の連作短編集『無宿人別帳』の一つ「左の腕」です。 この原作には10本の短編があり、それぞれ多くの映画やテレビドラマが造られていますが、…

西神ニュータウン9条の会HP2022年2月号の紹介

標記のHPが更新されていますので紹介します。下記をクリックしてください。 西神9条の会 (www.ne.jp) 今月は9本のエッセイがの掲載されています。 読んでいて、気になった事だけ書いておきます。全く個人的な感想です。 1「再び『敵基地攻撃能力」のこと…

『その手に触れるまで』感想

市民映画劇場2021年10月例会 標記の映画がずうっと心の中に残っていました。私はとても好きな映画なのですが、評価があまり良くありません。それで、私がどう思ったかを書こうと思ってのですが、なかなか筆が進みませんでした。 ようやく納得がいくものに仕…

2021年12月に読んだ本その1

『ダーウィンと進化論 その生涯と思想をたどる/クリスティン・ローソン、大森充香』『女警察署長 K・P・S/香納諒一』『人を育てる名監督の教え―すべての組織は野球に通ず―/中島大輔』『落語に学ぶ大人の極意/稲田和弘』『五代目三遊亭圓楽特選飛切マクラ…