2022年6月に見た映画6月その2

まず3本を書きました。 『パーフェクト・ノーマル・ファミリー』 父が女に性転換して、その娘がショックを受けるという話です。妻はさっさと離婚します。 父は、恐らく非常に悩んだ末の性転換、手術を受けたと思うのですが、そこはあまり描かれません。 彼女…

2022年11月20日神戸マラソン

3回目の出場でしたが、残念な結果に終わりました。5時間48分02秒で完走です。 当初の目標であった、歩かずに5時間で完走からほど遠く、25㎞ぐらいから両足が痙攣を起こし、記録は前の2回よりも悪くなりました。 今回はこれまでの経験から、前半を抑えて走…

西神ニュータウン9条の会HP2022年11月号

遅くなりましたが、標記のHPが更新されています。私の感想も含めて紹介します。 西神9条の会 (www.ne.jp) エッセイ9本に加えて、ニュース「つながり」、今月の歌は「死んだ男の残したものは」のYouTubeがリンクされています。「おしゃべりコーナー」でそ…

市民映画劇場50周年記念例会『神宮希林』『さよならテレビ』

神戸映画サークル協議会の現在の例会スタイル、市民映画劇場という自主上映は1972年5月『大地は揺れる』(監督ルキノ・ヴィスコンティ)から始まりました。今年で50年になるので、11月例会を記念例会としました。 東海テレビが製作したドキュメンタリー『神…

『雪やこんこん』こまつ座公演 2022年2月22日神戸演劇鑑賞会2月例会鑑賞

2月に見た芝居ですが、なかなか感想をまとめることが出来ずに、今日まで引っ張てきました。だからとても長くなっています。読んでみてください。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ さすが井上ひさし、と言いたい芝居でした。大衆演劇の芝居小屋の楽屋を舞台に、どさ回りの役者…

明日から「2022年神戸空襲と神戸港の写真展」

今日、10月31日は一日を要して、明日11月1日から始まる標記の写真展の準備をしました。資料はほぼ準備していましたが、掲示するとなると順番などを考えて大変でした。 兵庫区文化センター(JR兵庫駅北側すぐ)の入ったロビーのギャラリーをお借りして行い…

2022年6月に読んだ本

『脚本「明日」/原作:井上光春、脚色:小松幹生』『「正しい戦争」は本当にあるのか/藤原帰一』『現代落語論/立川談志』『葛藤する刑事たち/村上貴史編』『漂う子/丸山正樹』『世界6月号』『前衛6月号』 脚本が1冊、本が4冊と雑誌2冊ですが、読める量…

「2022年神戸空襲と神戸港の写真展」と講演会のお知らせ

21年は開催できませんでしたが、今年は場所を兵庫区文化センターに変えて写真展を開きます。 是非、ご覧ください。 「神戸に平和記念館をつくる会」の大きな行事です。世話人は一生懸命勉強して、少しずつ改善し追加しています。 今年は、戦時下の子どもにつ…

きみまち二ツ井マラソン

2022年10月16日に標記のマラソン大会(ハーフ)に行きました。 グロスタイムは2時間7分12秒で、記録的にはちょっと残念です。 60歳以上♂44位/64人、全体で247位/312人でした。だいたい2/3ぐらいですね。60才で走り始めは半分ぐらいでしたが、今はこの程度…

2022年6月に見た映画

『気ちがいピエロ』『オフィサー・アンド・スパイ』『君を想いバスに乗る』『アイム・ユア・マン』『パーフェクト・ノーマル・ファミリー』『サムシンガー1995』『FLEEフリー』『テレビで会えない芸人/松元ヒロ』『イントラダクション』『はい、泳げません…

西神ニュータウン9条の会HP2022年10月号

標記のHPが更新されましたの紹介します。 西神9条の会 (www.ne.jp) 今月は8編のエッセイと、いつものようにニュース「つながり」、西神の野鳥、川柳コーナー「ジョー句でさわやかな秋を」、今月のおしゃべりコーナーと歌は「童神」、そして来年5月の講演…

映画『島守の塔』感想

島守の塔はロングランのようです。それはそれで喜ばしいのですが、この映画に対して、あまりきちんとした感想、評価が見当たらないので、私の考えを書きました。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ なぜ沖縄の人々に寄り添わないのか 邦画の戦争映画 戦後…

2022年5月に読んだ本その2

『藝、これ一生/桂米朝』『ネットと愛国/安田浩一』『世界5月号』『前衛5月号』を書きます。落語関係の本が続いています。喜楽館に月一回以上行っていますから、落語家や演藝に関心が向いて、きちんとした本を捜して読んでいます。 『藝、これ一生/桂米朝…

前川喜平「安倍政治を総決算する」

9月27日「安倍国葬」の日に前川喜平さんの講演を聞きました。 国家公務員の頂点、文部事務次官を務めた前川さんが見た安倍政治は、平和憲法と民主主義を破壊する、戦後最悪の内閣であった、そう私は聞き取りました。 前川さんは「国葬」が国民の目を覚まして…

城崎温泉の旅(3月4日5日)

半年も経ってしまいましたが、載せておきます。城崎温泉にある麦わら細工伝承館がよかったので、そこへ行ってほしいという紹介です。 ※ ※ ※ ※ ※ ※ 西神中央から城崎温泉へ 3月6日に神奈川県三浦半島でハーフマラソンに出る予定にしていましたが、マンボウの…

2022年5月に見た映画その2

『オードリー・ヘプバーン』『大河への道』を書きます。どちらも期待外れの映画でした。「大河への道』は西神ニュータウン9条の会HP6月号に書きましたので、それを再掲します。 『オードリー・ヘプバーン』 日本ではいつもの歴代のベスト映画に入る『ロー…

2022年5月に見た映画

『カモンカモン』『ツユクサ』『スリーピング・ボイス』『オードリー・ヘプバーン』『大河への道』5本という少なさです。連休は田植えがあり、2回マラソンに出たという理由がありますが、ちょっと少ない本数でした。しかも残念ながら「これは」という映画に…

稲刈り、無事終わる

9月11日に2022年の稲刈りが無事終了しました。 大げさな言い方をしましたが、この前まで台風の影響もあり、雨が降り続いて、いつ稲刈りができるのか悩んでいました。 私の子どものころは手で刈って、田んぼに建てた「ウマ」という、竹でつくった稲穂干しに掛…

西神ニュータウン9条の会HP2022年9月号

標記のHPが更新されていますので紹介します。 今月の「読物」エッセイは6本と少し少なめでした。しかしニュース「つながり」も読めますし、来年5月の講演会講師の平田オリザさんの紹介もあります。さらに「国葬」反対のデモのテレビ映像もリンクが張られて…

「三味線」川柳

60才で定年を迎えて、再任用で勤めは続けましたが、気持ちと時間の余裕(でも大幅な賃下げ)が生まれたので、三味線とマラソンを始めました。 あれから6年です。マラソンはコロナがあって各地の大会が休止になったので、2年ほど空白が出来ました。でも三味線…

2022年5月に読んだ本

『時代の波音/日本民主主義文学会編』『龍の耳を君に/丸山正樹』『ルポ百田尚樹現象/石戸諭』『藝、これ一生/桂米朝』『ネットと愛国/安田浩一』『世界5月号』『前衛5月号』を読みました。まず3冊を書きます。 『時代の波音/日本民主主義文学会編』 創…

2022年4月に見た映画その4

4月の残りは『親愛なる同志たちへ』『クライ・マッチョ』『すばらしき世界』になりました。やっと終わりです。四月は本数も多く中身が濃くて、魅力を持ったいい映画ばかりでした。ですから長く書いてしまいました。 『親愛なる同志たちへ』 ソ連時代に実際に…

2022年4月に読んだ本その2

『デフ・ヴォイス/丸山正樹』『世界4月号』『前衛4月号』を書きます。 『デフ・ヴォイス/丸山正樹』 『デフ・ヴォイス』シリーズの第1作です。さすがに面白いミステリーでした。 CODA(children of deaf adults、聾啞者の両親から生まれた耳の聞こえ…

2022年4月に見た映画その3

4月の残りは6本になりました。『たちあがる女』『サマ-・オブ・ソウル(あるいは革命がテレビ放映されなかった)』『護られなかった者たちへ』『親愛なる同志たちへ』『クライ・マッチョ』『すばらしき世界』ですが、そのうちの前3本です。 『たちあがる女…

「九条」川柳

廃戦記念日(雑誌「通販生活」より)の15日までに「九条」を題にして川柳をつくりました。やはり駄句ばかりですが15句連発、順不同で吐きます。 「九条は平和をつくる心意気」 「九条はもうからぬと死の商人」 「ロシア見て九条よりも軍事力」 「九条と歴史…

西神ニュータウン9条の会HP8月号

標記のHPが更新されていますので紹介します。 今月もまた充実しています。エッセイ9本に加えて、来年の5月の記念講演に来ていただく平田オリザさんの紹介もあります。 いつものようにニュース「つながり」8月号も見れますし、新たな川柳コーナー「猛暑を笑…

2022年4月に読んだ本

『楽しく生きたきゃ落語をお聞き/童門冬二』『秘本大岡政談/井上ひさし』『理不尽な進化/吉川浩満』『デフ・ヴォイス/丸山正樹』たった4冊ですが面白い本ばかりでした。 とりあえず3冊。あと一冊は後日『世界』『前衛』と一緒に書きます。 『楽しく生き…

2022年4月に見た映画その2

4月の残りは『標的』『コーダ』『英雄の証明』『立ちあがる女』『サマ-・オブ・ソウル(あるいは革命がテレビ放映されなかった)』『護られなかった者たちへ』『親愛なる同志たちへ』『クライ・マッチョ』『すばらしき世界』ですが、分割しながら感想を書い…

市民映画劇場8月例会『ク-リエ/最高機密の運び屋』

8月例会は『クーリエ/最高機密の運び屋』です。上映場所は県民会館、日時は8月27日(土)11時30分、14時30分、18時です。 映画サークルのHPは以下に貼り付けておきますのでご覧ください。 神戸映画サークル協議会(神戸映サ) (kobe-eisa.com) なおHPの…

神戸演劇鑑賞会8月例会『明日(あした)1945年8月8日・長崎』青年座公演8月19日20日

神戸では運営サークルと称して、年に1回、例会の運営を会員が担当するというシステムがあります。これによって、会員は鑑賞会の状況を知ることが出来るし、担当した芝居の魅力、劇団をより深く知ります。何よりも異なるサークルの会員同士が知り合いになれま…